学校の沿革  

年号(西暦) 月/日 事項
大正 9(1920)

大正10(1921)



昭和11(1936)



昭和12(1937)

昭和13(1938)

昭和23(1948)



昭和24(1949)

昭和27(1952)

昭和28(1953)

昭和30(1955)

昭和33(1958)

昭和37(1962)

昭和40(1965)

昭和41(1966)

昭和43(1968)

平成11(1999)

平成14(2002)

平成14(2002)

平成22(2010)
4/1

3/25

4/1

3/26



1/27

4/1

5/3



4/30

9/15

5/1

4/1

4/1

4/1

4/10

4/1

10/1

4/1

4/1

5/25

11/20
御調郡土生町 女子実業補習学校 (修業年限 高等小学校卒 1年) 開校 土生町中畝

同上廃校

御調郡土生町立 広島県土生実科高等女学校 (修業年限 高等小学校卒2年) 開校

同上廃校

広島県土生高等女学校 
(定員200名)設立 土生町津部附

御調郡土生町1080番地に移管

県に移管 広島県立土生高等女学校 と改称

学制改革男女共学 広島県立土生高等学校

定時制 因北分校 (昼間) 普通科 設置

再編成 普通科,商業科,生活科課程設置

定時制 因北分校 新校舎落成

因島市政施行

定時制 機械科(昼間)設置

広島県因島高等学校 と改称

因北分校は全日制になる

因北分校と機械科が統合し 重井町長浜に移転

長浜校舎は広島県立因島北高校になる

広島県立因島高等学校 と改称

因島高校・因島北高校を統合し 広島県立因島高等学校(全日制総合学科・定時制)

新校舎完成


学校統合,校舎・体育館落成記念式典挙行

創立90周年記念式典挙行

Q.高等女学校が母体だったようですが,男子はどうしていたのでしょうか?

A.  尾道市内の尾道中学校(尾道北高校の前身),実業学校(尾道商業高の前身)や
    忠海中学校(忠海高校)に船通学していました。

☆昔は交通機関が未発達で,通学が不便だったため分校が県下にたくさんあり,生口分校もありました。